食べる 買う

熊本・健軍に弁当店「ごはんやさん」 子ども食堂支援も

ごはんやさん・店主の山口里子さん

ごはんやさん・店主の山口里子さん

  • 1

  •  

 弁当店「ごはんやさん」(熊本市東区若葉3)が熊本・健軍にオープンして、7月11日で3カ月がたった。

ごはんやさんの商品と店舗

[広告]

 店主の山口里子さんは社会福祉士。社会福祉活動に携わる中で、「職業支援や人との交流の場を作りたい」と考えるようになったという。共に活動する7人で、3年の準備期間を経て出店した。

 元はラーメン店として営業していた建物をリノベーションしオープンした。

 商品は、しょうが焼き弁当(500円)、しょうが焼き(100グラム190円)、しょうが焼きおにぎり(200円)、白玉あんこ(150円)を用意する。

 看板商品のしょうが焼きは、国産豚肉をしょうゆベースのたれで炒める。山口さんは「自宅で作っていたしょうが焼きをベースに、仲間や家族のアドバイスを受けながら何度も試作を重ねてできた」と話す。弁当やおにぎりに使う米は、熊本県産米「ひのひかり」を使う。

 白玉に添えるあんこは、山口さんの思い出の味だという。「食後にほっこりしてもらえるようなデザートを考えたとき、幼い頃、祖母がストーブでコトコトと炊いていたあんこが思い浮かんだ」と山口さん。小豆をじっくりと煮込み、きび糖を使うことで味に深みを出しているという。

 山口さんらは、社会福祉活動の一環で子ども食堂「だんらん」の運営も行っている。子ども食堂を開く土曜は店を休みにし、子ども食堂用の調理場として利用。「ごはんやさん」の収益の一部は子ども食堂活動に充てている。

 山口さんは「社会福祉活動をしてきた中で、人と人とのつながりが一番大事だと感じていた。3年越しの願いがかなって開くことができた店。1人でできることは限られているが、仲間と一緒に、それぞれができることをやりながら一歩一歩進んでいきたい」と話す。

 営業時間は11時30分~14時30分。土曜・日曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース